むくみ解消に効く食べ物

そもそも、足のむくみに限らず、体がむくむという現象の原因には、大きく「水分代謝のみだれ」が関わってきます。

リンパの流れが悪いとか血流がスムーズでないなど、そういった体内の水分がうまく巡っていないことによって、体がむくんでしまうのです。

短期的なむくみは時間の経過ととも解消されることもありますが、慢性的なむくみについては、食生活の見直しが大変重要なポイントになってきます。

では、むくみに効く食材にはどんなものがあるのでしょうか。また、気をつける点はどこでしょうか。

■ 塩分の摂りすぎに気をつける

まずはむくみを起こしやすくする塩分を摂りすぎないことが何よりも重要です。

せっかくむくみに効く食材や料理を食べても、それ以上に塩分を体内に取り入れると効果が薄れてしまいますよね。夏場は熱中症対策でスポーツドリンクなどイオン系の飲み物を摂る機会も多いですが、イオン系飲料にはナトリウム(塩分)を多く含むものもあります。

成分をチェックして、体の状態に合わせてほどほどに飲んでください。

■ カリウムの摂取

カリウムには利尿作用があり、体内の水分代謝をスムーズにしてくれます。

つまり、体内にある余剰水分を排出してくれるということです。

カリウムを多く含む食材の例…じゃがいも、さつまいも、キノコ類、ナッツ類、ほうれん草、バナナ、スイカ、リンゴ、キウイ など

また、カリウムは水溶性の栄養素なので、長時間に渡って食材を水にさらしたりすると、せっかくの栄養素が失われやすくなります。調理の際は気をつけてくださいね。

するるのおめぐ実というサプリにはこの余分にたまった水分を流してくれるカリウムが多く配合されています。その量はなんと前述のスイカの約50倍。

天然植物由来成分にこだわったサプリなのでサプリ初心者の方も安心です。

「するるのおめぐ実」の公式HP

 

■ クエン酸の摂取

レモンの酸っぱさでお馴染みのクエン酸。このクエン酸は疲労回復で有名ですが、実はむくみにも有効な栄養素です。このクエン酸の摂取、むくみに対しての効果は、代謝の促進です。

クエン酸を含む食材の例…レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、トマト、梅干し、リンゴ酢など

クエン酸は、糖質をエネルギー源に変換する働きもあるので、サプリや粉末などで過剰摂取すると一時的に熱っぽくなる場合があります。何事もほどほどに。

■ ビタミンEの摂取

血流や体内循環の改善に期待できる栄養素です。ビタミンEを摂ると血管の汚れが取り除かれます。そのために血流がよくなり、老廃物の排泄がスムーズになります。またこの「血流の改善」で他の様々な栄養素が体の隅々に行き渡りやすくなります。

ビタミンEを多く含む食材の例…かぼちゃ、アーモンド、ごま、イカ、アボガドなど

さて、このビタミンEですが極端な過剰摂取は骨粗鬆症になりやすくなるのでは?という研究結果も発表されています。

ビタミンEの1日の摂取目安量は、成人男性7mg、成人女性6.5mgです。国民栄養調査では、食材からの摂取で賄えている人が大部分であるということなので、食生活を見直して、不足していれば補う程度にしてくださいね。

■ タンパク質の摂取

むくみの改善には、筋肉の存在が欠かせません。良質なタンパク質を摂取して、筋肉の量や質を保てるようにしましょう。

タンパク質を多く含む食材…イカ、マグロ、高野豆腐、鰹節、卵、たらこ(生)

Copyright © 足むくみ研究会 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.